前へ
次へ

これからの時代は、今までの暗記が通用しない

従来の勉強内容は、詰め込み式と呼ばれ、問いに対する答えを暗記する傾向が強くありました。
この勉強内容は、予め問いが用意されている大前提であり、問題点を考える力が弱くあったのです。
自分自身で考える力を養うための、教育改革が始まろうとしています。
しかしながら、考えるための素材となる知識は、暗記によって覚える必要性があります。
これからの時代による、お勧めの暗記方法は、ただ、記憶するだけではなく、新たな価値を生み出す記憶方法です。
例えば、りんごとみかんという記憶があった場合、それを混ぜると、どの様な知識が生まれるのかなどの方法が挙げられます。
自分自身の新たな考えは、暗記する記憶の力も高めてくれるはずです。
なぜならば、新たな考えによる価値は、自分自身の中で高く、その価値を生み出すための記憶も高く評価される可能性があるためです。
この勉強方法は、現在の社会人にもお勧めであり、もしかすれば、今後の未来において発想力の高い若者が増えだし、自分の立場がおびやかされる可能性もあるためです。

Page Top