前へ
次へ

暗記のために、脳を活性化させる方法は

暗記のためには、脳の活動を高める必要性があります。
脳の活動について押さえておけば、効率よく内容を覚えられやすくもあるでしょう。
脳のエネルギー源は、ブドウ糖と呼ばれる糖分です。
そのため、暗記行う場合は、飴玉を舐めながら行うのもお勧めです。
飴玉以外の食べ物においては、消化のために内臓に血が集まりやすくなり、脳に血が集まりにくくなるため、あまり望ましくありません。
脳に栄養を届けるための血流を良くする方法として、暗記の前に軽い屈伸運動などを行うのもお勧めです。
脳の活動は、意識的に興奮状態を引き起こすのは難しくあるでしょう。
イメージの中で、激しい運動を行ったりすると、脳を活性化できる場合もあります。
このイメージによる内容は、暗記だけに力が発揮するのではなく、仕事を行なう前や朝起きてテンションが低い時などにも効果的です。
青魚に含まれるDHAは、脳内の情報をスムーズにする働きがあります。
記憶に良いとされていますが、それだけにこだわりを持つのではなく、バランスの良い食事を心掛けるのも大切です。

Page Top