前へ
次へ

暗記は、一度に複数覚えると効果的、その理由は

一般的な考え方として、暗記は、一つ一つ覚えようとする場合がほとんどではないでしょうか。
人の記憶は、一度、短期記憶に収まり、そこから長期記憶に移ると考えられています。
この短期記憶は、一度に、4つから7つほどしか記憶ができないとされており、暗記は短期記憶との関係を重要視する必要性があります。
人の記憶は、差が明確なほど認識力が高まり、記憶が高まりやすくなります。
例えば、男性4人の名前を覚えるよりも、男性2人、女性2人の方が名前を覚えられやすくもあるのです。
一つずつ覚える暗記は、他の内容と差が表れにくく、覚える内容としては効率が悪くなります。
そのため、暗記は、4つを一緒に覚えていくと、短期記憶の働きが高まりやすくなるでしょう。
短期記憶の働きが高まれば、4つから5つへと、数を増やしていけるはずです。
この方法のトレーニングは、聞いた内容を短期記憶の中で、理解しやすくもなります。
なぜならば、物事の理解は、複数の単語を要する場合もあり、その単語を短期記憶に留めやすくなるためです。

Page Top