前へ
次へ

五感をフル活用した、暗記のテクニックとは

五感を使った暗記に関わる話として、人は、どの様な時に記憶が高まりやすくあるでしょうか。
その中には、好きな異性と出会い、五感を使って相手を感じる状況で記憶が高まりやすくなるでしょう。
その多くは、一度の体験で、強く記憶に刻み込まれるはずです。
暗記も同じく、目で見て書いて記憶するだけよりも、五感を使うのが望ましくあるのです。
実際の話としては、暗記するべき単語から、匂いや味など感じることはできません。
ただし、意識を向けるのは可能であり、意識をした中で記憶もできるでしょう。
覚えるべき内容が、好きな人の言葉や、好きな人が書いたものだと思えば、五感が高まりやすくもなるはずです。
この状態で暗記を行えば、記憶の効果が高まりやすくなります。
極端な話、好きな人の写真をそばに置きながら、行う方法もあるでしょう。
五感を利用する場合は、一度に全体を感じる方法もあれば、一つずつ順番に行っていく方法もあります。
これは両方行うのが望ましく、違った姿の情報が価値が高いと判断し、意識に上がりやすい記憶になるはずです。

Page Top