前へ
次へ

暗記にも影響を与える、部屋の光の姿とは

一般的に、暗記などの勉強を行う場合は、部屋の光をつけてから行うのが普通ではないでしょうか。
生理的な反応で言えば、部屋の光を落とし、机の上の光だけで暗記などの勉強などを行うほうが効果が高まる場合もあるのです。
人は、暗闇を感じると、よりその姿を見るために目の瞳孔が広がりやすくなります。
この状態で暗記などの勉強を行えば、記憶が強く刻み込みやすくなるのです。
この効果は、部屋の全体を暗い雰囲気にしているレストランや、映画館などにも同じ働きが起こりやすくなります。
目に負担が気になる場合は、つばのある帽子をかぶりながら、暗記などの勉強を行うと良いでしょう。
多少は、暗闇で起きる生理反応が起こりやすくなり、勉強の効果が高まりやすくなります。
この効果に従えば、目の上を日差しを避けるような形で伏せば、効果が現れる可能性も考えられます。
癖として何度も行って行けば、暗闇を感じただけで、学習する意識も高まりやすくなり集中力も高まりやすくなるでしょう。

Page Top